zakkinyan’s diary

身体が煌めくため

アミノ酸って、身体に大切(第2談)

<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BQUPL+3HMHF6+2DDC+8FNXDT" rel="nofollow">
<img border="0" width="468" height="60" alt="" src="https://www29.a8.net/svt/bgt?aid=201127161211&wid=001&eno=01&mid=s00000011064051004000&mc=1"></a>
<img border="0" width="1" height="1" src="https://www19.a8.net/0.gif?a8mat=3BQUPL+3HMHF6+2DDC+8FNXDT" alt="">

アミノ酸の第2談話、行きます。まだまだありますアミノ酸の種類と効果(笑)

今日もウォーキング頑張りました。軽く汗をかいてスッキリしました。身体動かして、美味しい物食べて、身体に良い物取り入れて、みんなで美しくなりましょう❣

年齢を重ねるごとに綺麗に輝くって、希望ですもんね。今回もアミノ酸の種類と効能・摂れる食品をお話します。

フェニルアラニン

血圧上昇の鎮痛作用・ドーパミンノルアドレナリンの材料に使用されます。食品としては、牛レバー・クロマグロ・鶏むね肉です。

トリプトファン

セロトニンメラトニンの材料で・・・と言っても聞いたことが無いですよね?

ストレスに関係するホルモンでノルアドレナリンドーパミンをコントロールして安定させる役割を持っているのが「セロトニン」です。このホルモンは1つ1つの神経細胞同士が、情報をやり取りする時に、必要な神経伝達物質として働いています。

もう少し詳しく言うと、ノルアドレナリンは不安・集中・積極性をもたらして、ストレスと戦おうと頑張ります。しかし過剰になるとヒステリックになったり、パニックになったりするんです。

ドーパミン。これは、トリプトファンと逆で・・喜びや快楽をもたらす働きがあります。過剰になると過食や買い物依存などの依存症、アルコール依存症になったりします。それを暴走しないように助ける役割をしています。

メラトニンは、ホルモンの分泌・睡眠リズムを調節します。これが不足すると、糖尿病の発症リスクが高くなることが証明されているそうです。

摂取できる食品は、プロセスチーズ・カツオ・牛レバー豚レバー・鶏卵です。

スレオニン

成長促進・脂肪肝の抑制に効果があって、食品は、豚ロース赤身・鶏むね肉・凍り豆腐・クロマグロに含まれます。

ヒスチジン

血に大切なヘモグロビンに必要な成分で、不足すると、貧血症状を引き起こしたり、幼児が不足すると、湿疹が出来たり、白血球の産生に関係してきます。主に魚に含まれます。マイワシクロマグロ・カツオを食べましょう。

★アルギニン★

聞いた事ありますよね~~元気の源!元気になるサプリに良く入っている成分です。

成長期に必要な必須アミノ酸の一つです。伊勢エビ・豚ロース赤身・豆乳・鶏むね肉に含まれています。

元気の元といえば、アルギニンの他に「グルタミン酸」も挙げられます。ストレスがたまった時に摂取すると良く、免疫細胞のエネルギー源や消化管粘膜の保護をする役割を持ってます。

まだまだ有りますので第3話へ、行こうと思います。

長くてすいません。これら全部が入っている⁂スピルリナ⁂これ一つで体に必要なアミノ酸が摂取出来ますよ~~~💛

f:id:zakkinyan:20201119145503j:plain

たくさんアミノ酸が入ってます。愛用中!